レッドブルを飲み過ぎて死亡するなんてウソ!?

レッドブルで死亡はありえない!?



2006年にイギリスのオックスフォード住む男性が仕事終わりにレッドブル4本を飲んだ後に嘔吐などの症状が現れ死亡しました。司法解剖の結果カフェインの取り過ぎによる心臓発作だったようです。

このニュースを見て、普段レッドブルの飲んでおられる方は驚いたと思います。なにせ、たった4本のレッドブルを飲んだだけで、カフェイン中毒になり、しかも死に至るとはふつう思いませんよね。

しかし、この死亡事故はほんとにレッドブルの飲み過ぎだけが原因だったのでしょうか?

日常的にレッドブルを飲み過ぎ心臓肥大!?

もともとこの男性は1日4本程度のレッドブルを飲んでいたようで、日常的にカフェインを摂取していたことから、高血圧となり、心臓肥大の症状が出ていたと推察されます。

心臓肥大とは、あまり聞き慣れませんがそれほど珍しい病気でもありません。心臓は収縮と膨張を繰り返すことで体中に大量の血液を循環させる働きをしていますが、高血圧により心臓に流入する血液が増え、膨張しやすくなり、最終的にはもとの大きさに収縮しなくなります。こうして心臓が大きくなってしまう状態を心臓肥大といいます。

仕事による疲れを忘れるために日常的にレッドブルを飲み過ぎていたこともあり、高血圧をまねき、心臓肥大を起こしていたのではないでしょうか。

そして、心臓肥大になっている中、レッドブルを飲み過ぎ、カフェイン中毒となり、心臓発作という最悪の結果をまねいてしまったのでしょう。

もちろんレッドブルは死に至るほどのカフェインやその他の成分が入っているわけではありません。通常考えられる飲み方であれば、レッドブルだけが原因で死亡することはありません。

例えばレッドブルに含まれ代表的な成分のカフェインですが、カフェインの致死量は短時間に10,000mgといわれていることから考えると、レッドブル4本程度では全く致死量は達していません。(レッドブルの致死量についてはこちら)

しかし、短時間に大量にレッドブルを飲み過ぎてしまったり、心臓病や過労などが重なることで、深刻な症状が出ているようです。

特にこの、イギリス人男性の例では、日常的にレッドブルを飲み過ぎており、心臓発作が起こりやすい身体を作ってしまっていたことが根本の原因だと考えます。カフェインの摂りすぎが心臓病を引き起こしていること気づけず、過労も重なり、レッドブルが引き金となり、死に至ったのかもしれません。

レッドブルを日常的に飲むのは危険

決してレッドブルやその他のエナジードリンクが悪ではないです。普通の飲み方をしていればたいして心配することもありません。しかし、自身の体調や病気に気づかず、間違った飲み方をしてしまうことで、危険な目に合う可能性がることを頭の片隅にでも置いておく必要はあるでしょう。

日常的にレッドブルを飲むということは、それだけ疲れが蓄積しているのでしょう。それを、その場しのぎのレッドブルで根本的に解決することは難しいことです。

ここぞというときに、身体と脳をだまして、疲れを忘れさせることはあっても、日常的な疲れの蓄積はカフェインではどうにもなりません。

日常的にレッドブルに頼ることはやめて、根本的な解決策を探しましょう。

抗疲労食薬開発プロジェクトから生まれたイミダペプチド

レッドブルをやめて、根本的に「疲れ」を取り除くための解決策が、抗疲労食薬開発プロジェクトから生まれた「イミダペプチド」とよばれる成分です。

まず、抗疲労食薬開発プロジェクトとは、1991年に文部科学省研究班からスタートした研究予算約30億円のプロジェクトです。その目的は、本当に「疲労対策に効果がある」医薬品や食品を開発することです。

「健康予防医療産業振興プロジェクト」を推進する大阪市、大阪市立大学などの5大学、日本ハム中央研究所などの大手食品メーカーや医薬品メーカーなど計18社が関わる、産学官連携プロジェクトに発展し、「抗疲労」の研究がされました。

そして、最も抗疲労に効果があると実証された成分が「イミダペプチド」だったのです。

イミダペプチドは疲労の原因となる悪玉酸素(活性酸素)を抑える抗酸化作用が強く、抗疲労効果が認められた有用成分です。

カフェインなどで脳や身体の疲れを一時的に誤魔化すようなものとは全く違います。

カフェインが対処療法なのに対して、イミダペプチドは原因治療です。

カフェインを日常的に飲むことの怖さはすでにお伝えした通りです。レッドブルの飲み過ぎによるカフェインの副作用におびえながら、対処療法を続けるぐらいなら、イミダペプチドを使って原因治療をしてはどうでしょうか?

イミダペプチドはレッドブルと同じドリンクタイプで販売されており、簡単に摂ることができます。

ただし、イミダペプチド成分は大量生産が難しく、ドラッグストアなどの店頭には並んでおらず、ネット通販でしか買えません。(イミダペプチドを語る模倣品にご注意ください。)

今なら、公式サイト限定価格で購入可能ですが、最近TVや雑誌などのメディアで取り上げられることが多いため、公式サイト限定価格もいつまで続くかわかりません。

(ちなみに、公式サイト限定価格はレッドブルよりはるかに安いです。)

少しでも、自分の疲れの原因を根本的に取り除きたいと思ったなら、今のうちにできる行動をとってはいかがでしょうか?

↓クリックして公式限定サイト限定価格を確認する↓

 

サイトマップ