レッドブルには危険な成分が入っているのか

レッドブルのどの成分が危険なのか


1日にレッドブルを飲み過ぎたことが原因で病気になった可能性のある事例をレッドブル飲み過ぎるとこんな危険が!の記事でお伝えしましたが、ではいったい飲み過ぎによってどの成分を摂取し過ぎてしまったのでしょう?

レッドブルから摂取できる成分は以下の通り。(一般的にエナジードリンクには似たような成分が入っていることが多いです。)

  • 砂糖
  • ぶとう糖
  • 酸味料
  • L-アルギニン
  • カフェイン
  • イノシトール
  • ナイアシン
  • パントテン酸Ca
  • ビタミンB6、B2、B12
  • 香料
  • 着色料(カラメル)


砂糖/ブドウ糖


糖質は消化吸収されエネルギーとなります。脳はいつもブドウ糖を消費しているので、これらの成分を摂取することで脳の働きは活発になります。

しかし、飲み過ぎ(摂取し過ぎ)は危険です。糖質は肥満糖尿病動脈硬化などのち生活習慣病を引き起こす危険もあります。また、1日に飲み過ぎ(摂取し過ぎ)ることで、逆に脳の働きが乱れ、いらつきや集中力の低下を引き起こします。

レッドブルを飲み過ぎるということは、糖質を摂取し過ぎるということなので、これらの危険性にも注意が必要です。

酸味料


詳しい成分は分かりませんが、クエン酸やビタミンCであれば、レッドブルを飲み過ぎたとしても、摂取量が限られていますので問題ありません。ちなみに、クエン酸という成分は疲労回復の効果があるといわれいます。特に危険な成分ではなく、その効果からよくエナジードリンクに含まれている成分です。

L−アルギニン


アルギニンは脂肪を燃焼させる効果や免疫力向上効果、精力向上効果、筋肉増強効果、アンチエイジング効果、疲労回復効果などもあり、サプリメントなどにもよく使われる成分です。また、他のエナジードリンクや栄養ドリンクにもよく含まれる成分です。

1日に摂取し過ぎても最終的には尿として排出されるので特に健康被害はありませんが、一度に大量に摂取すると胃炎下痢を起こす危険があるようです。

含有量から見て、多少レッドブルを飲み過ぎても副作用の心配をするほど1日にL−アルギニンを摂取するということはないので特段危険はありません。

カフェイン


カフェインは覚醒効果や利尿効果があることはみなさんよくご存じだと思います。エナジードリンクや栄養ドリンクにはカフェインは欠かせない成分ですが、1日に飲み過ぎ(摂取し過ぎ)ると胃炎吐き気などの症状がでる危険があります。

いわゆるカフェイン中毒ですね。

カフェインは胃酸の分泌を促す効果があるので、摂取しすぎると消化器系への影響がでるようです。

カフェインは一日あたり400r程度が成人の許容量だといわれているので、レッドブルの飲み過ぎによるカフェインの過剰摂取には危険が伴います。

上記以外にもカフェインには様々な効果や副作用があるので、飲み過ぎ(摂取し過ぎ)には注意が必要です。(通常、食品から摂取する程度のカフェインで中毒死するようなことはありません)

カフェインの効果のあらわれかたには個人差があり、少しのカフェインでも過剰に身体が反応する人もいれば、大量のカフェインを摂取しても全然問題ない人もいます。

詳しくは以下の記事が参考になると思います。
レッドブルは一日何本なら飲み過ぎ?
レッドブル飲み過ぎて致死量に!?

イノシトール


ビタミンB群の仲間。動脈硬化防止の効果や、肝臓に脂肪がつきにくくなる効果があるとされ、過剰摂取による危険はないようです。

1日に大量に摂取しても尿として排出されます。

ナイアシン


ビタミンB群のひとつ。粘膜細胞の再生効果や血行促進・アルコールの分解効果、肌のアンチエイジング効果等があり、サプリメントや他のエナジードリンクにも使われる成分です。

一日にたくさん摂取すると皮膚の炎症や、ひどいと肝機能障害の危険もあるようですが、レッドブルに含まれる量は少ないので、飲み過ぎでナイアシンを摂取し過ぎることないといわれています。

パントテン酸


ビタミンの一種で一日に過剰摂取しても特に危険はないようです。

エネルギーの代謝を助ける効果や皮膚や粘膜の健康維持を助ける効果があります。

レッドブルに危険な成分はない

このように、レッドブルの飲み過ぎにより過剰摂取してしまい、健康に影響が及ぶのはカフェイン糖分のようです。成分的にはスキンケアに有用な成分が多い印象ですね。

カフェインと糖分の過剰摂取に気をつけていれば、レッドブルは決して危険ではありません。なんでもそうですが、飲み過ぎ、食べ過ぎ、摂り過ぎには注意が必要です。

もし、レッドブルを飲み過ぎて体調に変化のある方はレッドブル飲み過ぎによる症状のカテゴリーをご覧いただくと該当する症状があるかもしれません。

おすすめノンカフェイン栄養ドリンク

カフェインは摂取したくないけど今を乗り切る元気が欲しい方には、ノンカフェイン栄養ドリンクがおすすめです。特に指定医薬部外品はエナジードリンクよりも効果の高い成分が使用できるので、カフェインが入っていなくても、あなたの疲れに効くはずです。

武田コンシューマーヘルスケア アリナミンRオフ 50ml×10本 【指定医薬部外品】


↓↓画像をクリックして、口コミと価格を確認する↓↓






妊婦におすすめ!鉄分も補給できる!エーザイ チョコラBB Feチャージ ※ノンカフェイン 50mLx10本 [栄養機能食品(鉄)]


↓↓画像をクリックして、成分を確認する↓↓

 

サイトマップ