レッドブルを飲み過ぎてお腹が痛くなったことはありませんか?

レッドブルのカフェインが腹痛を引き起こす

レッドブルを飲み過ぎて腹痛になったという話を聞いたことがありますが、それは本当にレッドブルの成分が原因なのでしょうか?

考えられる、要因としてはやはりカフェインでしょうか。

カフェインには胃酸の分泌を促す効果があります。胃酸は非常に強力な酸で、胃に入ってきた食べ物の消化や殺菌を行っています。普段はその強力な酸から胃を守るために胃から粘液が分泌され、胃を保護していますが、何らかの理由で、胃酸が大量に分泌されてしまうと、粘膜で保護しきれず、胃を壊して(溶かして)しまうのです。

そのため、空腹時にカフェインが多く含まれているレッドブルを飲み過ぎると、胃酸が出過ぎてしまい、胃がキリキリと痛む可能性があります。

カフェインを摂取し続けていると、胃炎を発症したり、胃潰瘍になったりするケースもあるようです。

ですので、レッドブルを飲み過ぎて胃が痛いと感じたなら、飲む量を制限したり、飲む間隔を広げたりするなどのカフェイン対策が必要でしょう。

交感神経が刺激され下痢になる

カフェインには交感神経を刺激する効果があります。交感神経とは、副交感神経と対を成すもので、交感神経は活動しているときや、緊張を感じているときに活発になります。副交感神経は、休んでいてリラックスしているときに働く神経です。この二つの神経がバランスを保ちながら身体の機能を調整しているのです。

レッドブルを飲み過ぎると、カフェインの交感神経を刺激する作用が働き、正常な消化管の働きができなくなり、下痢になってしまう可能性もあります。

また、自分がカフェインを多く摂取しても問題ない体質なのかを知っておかないと、日ごろからカフェインを摂り過ぎてしまい、慢性的な下痢症状に陥るおそれもありますので、注意が必要です。

レッドブルで胃痛や下痢になるのはカフェインの摂り過ぎが原因

レッドブルなどのエナジードリンクや栄養ドリンクにはカフェインが多く含まれ、集中力を高めてくれたり、疲れを緩和してくれたりと、仕事に励むビジネスマンやOLさんたちの中には日常的に飲んでいる方も多いと思います。

しかし、飲み過ぎると副作用があることも理解しておく必要があります。もちろん個人差があるものですので、少しの量で胃痛や下痢を起こす方もいらっしゃるでしょうし、飲み過ぎても全く平気という方もおられるでしょう。

どれだけの量なら身体に影響が出ないのか明確にはわかりませんが、自分の体質に見合った量を飲むことで身体への負担も少なくなると思います。

元気になりたいけどレッドブルは身体に合わないという方は、「レッドブルを飲み過ぎないための代用品」や「レッドブルを飲み過ぎないための疲労回復法」などをご参考していただければと思います。

この記事を読んでいる方におすすめ!ノンカフェイン栄養ドリンク

カフェインを摂るとお腹が痛くなる方には、ノンカフェイン栄養ドリンクがおすすめです。特に指定医薬部外品はエナジードリンクよりも効果の高い成分が使用できるので、カフェインが入っていなくても、身体の調子を整えてくれるはずです。
武田コンシューマーヘルスケア アリナミンRオフ 50ml×10本 【指定医薬部外品】


↓↓画像をクリックして、口コミと価格を確認する↓↓




女性にはこれ!エーザイ チョコラBB Feチャージ ※ノンカフェイン 50mLx10本 [栄養機能食品(鉄)]


↓↓画像をクリックして、レッドブルとの違いと価格を確認する↓↓


レッドブルを安く買いたいならまとめ買い!

毎回コンビニで買うのはもったいない!アマゾンでまとめ買いすれば玄関先まで配送してくれるし、送料も無料!
お得な【レッドブルエナジードリンク 250ml×24本

↓画像をクリックしてまとめ買いの価格をチェック↓

 

サイトマップ