レッドブルとモンスターエナジーを徹底比較!

圧倒的シェア!レッドブルとモンスターエナジー


エナジードリンクといえばレッドブルかモンスターエナジーを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?それもそのはずで、この2つのエナジードリンクは他を圧倒しています。

少し古いデータですが、2013年のエナジードリンクの出荷数は2億8,500万本です。まあこれが多いのか少ないのかよくわかりませんが、そのシェアについては驚きの数字が出ています。

エナジードリンク出荷数1位はレッドブルの1億6,500万本。2位はモンスターエナジーの7,200万本です。

なんと、1位のレッドブルだけでエナジードリンク全体のシェアの約58%を占めています。2位のモンスターエナジーは約25%です。

レッドブルとモンスターエナジーだけで80%以上のシェアを誇るまさにエナジードリンク界の顔です。

レッドブルとモンスターエナジーの効果・成分の違い

この記事では、エナジードンク界のツートップである、レッドブルとモンスターエナジーの成分や効果の違いをまとめました。
エナジードリンクなので、味も大切ですが、問題はエナジードリンクとしての効果ですよね。どちらの方が、元気になる効果があるのか、その内容成分を見ながら比べてみます。
     成分         レッドブル   モンスターエナジー
エネルギー 46kCal 50kCal
炭水化物 10.7g 12.6g
ナトリウム 80mg 78mg
ビタミンB2 0.09mg 0.7mg
ナイアシン 3.0r 8.5mg
ビタミンB6 2.0r 0.8mg
ビタミンB12 2μg 1−6μg
L-アルギニン 120mg 125r
D-リボース 125r
高麗人参エキス 82mg
L-カルニチン 29mg
カフェイン 32mg 40mg
パントテン酸 2.0r
勝敗 3勝9敗1分け 9勝3敗1分け

表を見るとほとんどの成分で、モンスターエナジーが勝っているので、「元気を出す」という目的においてはモンスターエナジーに軍配があがりますね。

味や価格、内容量などとの総合判断にはなりますが、エナジードリンクとしてはモンスターエナジーが優れているといってもいいのではないでしょうか?


ただし、その成分の強さゆえに、海外ではモンスターエナジーの飲み過ぎによる健康被害が多いのも気になります。


レッドブル飲み過ぎるとこんな危険が!の記事でも紹介したようなことがモンスターエナジーでも見受けられるので、そのリスクについても知っておくべきでしょう。


ネットで調べる限りでは、レッドブルよりもモンスターエナジーが原因と思われる健康被害の方が多いように思います。


個人的には、味はレッドブルの勝ち、効き目の強さではモンスターエナジーの勝ち、価格はモンスターエナジーの勝ち、健康面の信頼性ではレッドブルの勝ちといった印象ですね。

 

サイトマップ