レッドブル以外で同じ効果を得よう

レッドブルの代用となる食品

レッドブルを毎日飲むと糖分を摂り過ぎますし、コストも高いので、レッドブルを飲まなくても同じような効果が得られるものがあればいいですよね。そこで!レッドブルに頼らなくても翼をさずけてもらえる食べ物をご紹介します。

コーヒー(カフェイン)


コーヒー1杯に含まれるカフェインはレッドブル1本分(250ml)に相当します。また、コーヒーナップといって、コーヒーを飲んでから20分間仮眠をとると、目覚めが良く、疲労も回復するという方法があるのですが、これを行うことでカフェインの効果を最大限に発揮することができます。ただしコーヒーもレッドブルと同程度のカフェインが入っているので飲み過ぎはよくありません。カフェインを摂り過ぎるとどうなるかレッドブル飲み過ぎるとこんな危険が!の記事をご参考にしてください。

チョコレート(糖分、カフェイン


チョコレートの原料であるカカオにはカフェインが含まれており、脳の覚醒作用があります。また、チョコレートに含まれるテオブロミンという物質が中枢神経に作用し、緊張を和らげ疲労が回復したように感じます。もちろん脳の一番の栄養である糖も豊富なので、チョコレートは疲れを感じたときには効果的な食べ物です。

くるみ(リノール酸、ビタミンB群)


くるみに含まれるリノール酸やタンパク質は消化吸収されるのが早いため、疲労の回復に役立ちます。また、糖をエネルギーに変えてくれるビタミンB群も豊富であり、頭を使ったときや肉体労働をしたあとには、疲労回復を助けてくれます。

タコ(タウリン)


タウリンには肝機能を高め、疲れにくい身体を作ることができます。すぐに疲れに効くわけではありませんが、恒常的に摂取することで、疲労を感じにくくなります。

チーズ(ナイアシン、ビタミンB1,B2)


チーズには、ナイアシンやビタミンB1等のビタミンB群が豊富に含まれており糖をエネルギーに変えて疲労を回復させます。また、ビタミンB2は脂肪やタンパク質を分解し、エネルギー変えてくれます。

鶏ムネ肉(イミダゾールペプチド)


鶏ムネ肉に含まれるイミダゾールペプチドには、抗酸化作用があり、肉体的な疲れからの回復に役立ちます。また、ビタミンB群やタンパク質も豊富なうえに低カロリーのため、ダイエットやトレーニングをしている方にはオススメです。

イミダゾールペプチドは最近、大阪市や大阪市立大学、日本ハム中央研究所などが共同研究し、開発した「イミダペプチド」が非常に人気が出ています。

多くのテレビや雑誌に取れ上げられ、口コミでもその効果の高さをうかがい知ることができます。

詳しくはイミダペプチドはカフェインに負けない!をご覧ください。(ページ下部にイミダペプチドについて書いています。)

レッドブル以外で元気の出る食べ物

  • コーヒー(カフェイン)
  • チョコレート(糖分、カフェイン)
  • くるみ(リノール酸、ビタミンB群)
  • タコ(タウリン)
  • チーズ(ナイアシン、ビタミンB1,B2)
  • 鶏ムネ肉(イミダゾールペプチド)


レッドブルなどのエナジードリンクを日常的に飲んでいる方は、健康に悪影響を及ぼすかもしれないので、元気になりたいときは、ご紹介したものを食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

でも、やはり即効性においてはレッドブルが優れているので悩みますね・・・

レッドブルに頼らなくても疲労を回復させる方法や、日常の睡眠不足を改善させる方法をまとめましたので、下記の記事もご覧いただければと思います。

<関連記事>
レッドブルを飲み過ぎないための疲労回復法
レッドブルを飲み過ぎないための快眠法@

レッドブルに代わるヘトヘト撃退ドリンク「イミダペプチド」の詳細がしたいかたはこちらの記事をご覧ください。
「イミダペプチドはカフェインに負けない!」

↓こちらをクリックしてイミダペプチドの詳細を確認↓


 

サイトマップ